ボトックスエラで咬筋の発達を抑制【注射だけで小顔になれる】

顔太りの原因と対策を知る

医者

美容整形で気軽に改善を

エラが張った自分の顔にコンプレックスを抱いている方は多く、美容整形で施術を受ける方が目立ってきました。骨格が張り出していてエラを形成するケースは多いですが、ほかにも咬筋が発達することで顔が横に広がっていくケースがあります。食べ物を咀嚼するときに使用する筋肉なので必然的に発達しやすいですが、日頃の習慣や癖なども大きく関係しています。例えば歯を食いしばってしまう方、就寝中に歯ぎしりをしている方などは、通常よりも咬筋が発達しやすいと考えてよいでしょう。つまり子供のころよりも大人になってからのほうが咬筋は発達しやすく、年齢に伴って顔が大きくなっていくわけです。もちろん咬筋の使い方には個人差がありますので、大人になっても顔の大きさがほとんど変わらない方もいます。食いしばり・歯ぎしりなどの癖がある方は改善していくのが好ましいですが、癖というのは簡単には抜けません。そこで役立つのがボトックスを活用した小顔整形で、メスを使用せずに注射だけで小顔になれるとして人気を集めています。ボトックスで咬筋を緩和させれば、自分本来の顔のサイズに戻すことができます。咬筋によるエラの張りを解消するには咬筋をあまり使わないように工夫したり、手技によってほぐすなどの対策が効果的です。しかし過度に発達したエラ張りを改善するには十分な効果は得られませんので、セルフケアに限界を感じている方はボトックス施術を受けてみましょう。ボトックスは顔やせや多汗症治療、太もも痩せなど幅広く活用されている美容整形施術ですが、いずれも筋肉を緩和させることで効果を発揮します。ボトックス注射をしても骨格の形状を変えることはできませんが、咬筋による顔太りには顕著な効果を得られます。気軽に受けられる治療法のためプチ整形として確立し、フェイスラインをスリムにできるとして人気です。昔の写真と比べて顔が四角くなったと実感している方は、エラが張っていると考えられます。咬筋を酷使する生活習慣は簡単には改善することができないので、ボトックス施術を受けて緩和させてください。顔というのはダイエットをしてもあまり痩せない部位で、特に咬筋が進化している場合は美容整形でないと解消するのは難しいです。

注射器

安心安全のプログラム

エラの筋肉に作用して顔のサイズを小さくすることができるボトックス注射は、気軽に小顔にすることができるので利用価値が高いです。通常ボトックス注射は半年に一度処置を実施する必要があるので、クリニックにスケジュールを管理してもらうと良いです。

詳しく見る

医者と看護師

注射だけで小顔になれる

よくあるエラボトックスで知りたい疑問の1つが、効果がいつどれくらい続くかです。効果が出るのは施術から3〜4日後、持続期間は6ヶ月です。美容クリニックはカウンセリングや会員制度、キャンペーンなどのサービス内容にそれぞれ違いがあります。

詳しく見る

鏡を見る女性

色々な選択肢

エラに対してボトックス注射を実施したい場合には、各種の検査システムが整備されている信頼性の高いクリニックを利用すると良いです。ボトックス注射を実施する際には、患部をリラックスすることが大切になってきます。

詳しく見る

注射器

日本で主に使われる薬剤

安い費用で手軽にエラの改善効果を得られるボトックス注射にはたくさんの種類がありますが、日本では主に3種類の薬剤が使用され安全性や費用対効果など各々特徴がありますので、十分踏まえた上で薬剤を選択する事が必要です。

詳しく見る

顔に触れる女性

治療の内容を知る

ボトックス注射によって、エラの筋肉を落として理想の小顔になることもできます。ボトックスでエラを取る時は、使用する薬剤の特徴や医師の技量などを知ることも大切です。短時間の施術で、高い効果を得ることは有益です。

詳しく見る

Copyright© 2018 ボトックスエラで咬筋の発達を抑制【注射だけで小顔になれる】 All Rights Reserved.