ボトックスエラで咬筋の発達を抑制【注射だけで小顔になれる】

治療の内容を知る

顔に触れる女性

納得の医療

ボトックスはエラの筋肉に作用して、エラの筋肉を落とすことができます。ボトックスはしわの筋肉に注射することもできて、しわを取る効果もあります。ボトックス注射でエラを取る時は、エラが張っている原因を知ることが大切で、骨が原因の場合と筋肉が原因との場合を区別する必要があります。筋肉が原因の時は、注射によって高い効果を得ることができます。施術は注射を打つだけですので、10分くらいで済みます。施術後はダイエットに成功したような効果を時間することができますが、数か月くらいで効果は消えますので再び効果を得るには又注射を打つ必要があります。繰り返し注射することで、持続時間が長くなります。ボトックス注射を打つ医師は高い技量を持っている必要があり、解剖学に関する知識も必要です。適切な場所に適切な量の薬剤を打つことで、より高い効果を長い時間保つことが可能となります。技量が高い医師の施術を受けることで、痛みなどの副作用を少なくすることもできます。施術を受ける時は、美容外科や医師の経験などを知ることが大切です。ボトックスでエラの筋肉を落とす時は、薬剤に関する知識を得ることも重要です。ボトックス注射の有効成分はA型ボツリヌス毒素で、ボツリヌス菌から産出されます。ボトックスビスタは日本でも米国でも認可されていて、より信頼性の高い薬剤です。ボトックスビスタは品質がとても良いので、より高い効果を期待することができます。美容外科で施術を受ける際には、カウンセリングで経過のシミュレーションをすることが大切です。ボトックス注射を受けると、エラの筋肉が落ちて1か月後くらいから高い効果を実感することが多いです。スッキリとしたフェイスラインになることで、小顔になった実感を得ることができます。効果を保つには、約3か月から12か月に一度は、注射を受ける必要があります。繰り返し注射を打つことで、持続時間が長くなり半永久的な効果を得ることも可能となります。治療経過のシミュレーションをして、かかる費用の計算をすることは大切です。治療のシミュレーションをすることで、高いモチベーションを持って治療に挑むことができます。

Copyright© 2018 ボトックスエラで咬筋の発達を抑制【注射だけで小顔になれる】 All Rights Reserved.